スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2008年8月活動♪
今回はほぼ2か月振りの活動となりましたが,テーマを「リズム遊びとボサノバ,シャッフルのリズムメイク」とし,程よいレベルの中にも挑戦しがいのあるパターンを取り入れてみました。利き手とその反対の手を意識せずに交互に低音を打つパターンで慣らした後は,1&3拍目の低音を基盤に,ボサノバのパターンをどんどん発展させていきました。久々にカホンを叩いたという方もあっという間に間隔を取り戻し,前半の最後には,完成したパターンで曲に合わせてアンサンブルを楽しみました。

後半はお題のリズムを音色を変えながら遊ぶリズムリレーを行い,いよいよ低音と高音の3-2のクラーベを一緒に打つ練習へ。今回は1拍目から追いかけるのではなく,「2拍目のウラ」から始めてみるという初?の試みでしたが,少しの間の個人練習でみなさんリズムをものにしていったのが素晴らしかったです。具体的には

② ■●●△ ■●● 「タドドン タドド」
 (■=中音,●=低音,△=休符で,それぞれ8分音符/休符)

のの前後に

① ★△△■ ●△ 「ズッッタ ドン」
 (★=中音と低音を同時に打つ「両手打ち」)
 


③ ■△● 「タッド」

を付け足して①+②+③とする組み立ててみると,

 ★△△■ ●△■● ●△■● ●■△● 「ズッッタ ドンタド ドンタド ドタンド」

のように低音と中音のクラーベが同時に流れているように聞こえるのですが,文字では何とも伝えにくいですね…。上のカタカナを唱えていただくと多少雰囲気が出ると思います。

>(続きは近日中に…)

最後はノリを楽しむべく,ハネるリズムに合わせてカホンを叩き,お開きとなったのでした。久々に叩かれたというメンバーの方にも,仲間とコミュニケションを取りながら全身でリズムの楽しさを感じ取っていただけたようでしたら幸いです。


ホセ三浦さんフラメンコカホンWSを控え,カホンを体験してみたいという熱心な参加者もいらっしゃった中,オリンピック最終日にもかかわらず?お集りいただいたみなさん,お疲れ様でした。
スポンサーサイト
【2008/08/25 01:55】 | 報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<旭川箱くらぶpresentsアコースティックライブ | ホーム | JOSE三浦フラメンコカホン・パルマ教室>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hakoclub.blog84.fc2.com/tb.php/19-e75738cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。